« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月25日 (月)

がんとの闘い36

2007年6月25日

今日から、彼女は新たに治療のため診察を受けます。

最近、少し体の調子も悪くなってきているようで、早く治療をと思っています。

手術以来体力がかなり下がって、つらそうですが、彼女のもともとの明るさで、何とか乗り切って、悪魔を体から排除したいものです。

彼女なら、必ず復活してくれる・・・・・・ファイト

「ツイてる!ありがとう!感謝!大丈夫!」を合言葉で

もう一度、家族で乗り切っていきます。皆さんも、応援しててください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

がんとの闘い35

2007年6月23日

今日まで、セカンドオピニオンと転院を考えて、数件行っては見たものの、紹介状は有れども、素直に受け入れてくれる病院は、なかなか見つかりません。

彼女とつぶやき・・・入院難民?????

系列が違うとかでなかなか首を縦には振ってくれません。そこで疑問が沢山湧き出てきました。たとえば、大学病院クラスは、教授の知り合いとかは、意外とすんなり受け入れるという事、(無理とはいいませんが、入院予約が詰まっていていつになるかは分からないとか)、今患者にとって、入院が必要なのは分かっていても、無理です。

今回、たまたま、某大学病院の、教授を知っている方に出会い、昨日早速行ってきました。

その教授は、昨日の外来診察では無かったのですが、私たちの為に、診察していただき、お付きの人とともに、きっちりとした受け入れ態勢をしてくださいました。今後の治療方法とともに、検討していただきました。本当に感謝しています。

検査器具が無く、最新の器具を採用している病院を紹介していただき、私たちの前で、相手先に引継ぎをきっちりしてもらうことができました。

さすがに教授だなと・・・・・感謝いたしております。

でも、これも、知り合いがいなければ無理でした。

今までは、不運な事ばかりでしたが、最近は特に人に言われ、常についている、ついている、大丈夫、大丈夫、ありがとう・ありがとう、感謝、感謝を常に繰り返し言っています。

これから、また一から頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月12日 (火)

がんとの闘い34

2007年6月12日

暫く、書き込みができませんでした。

先日の手術は、無事に終えましたが、肝心の細胞が取れずに終えました。

今後のことを、彼女と、友達で話しし、一度病院を変えようと、今は、某大学病院の予約待ちです。彼女は、大変元気でいます。

入院までは、今の病院で、検査とかを見てもらうことにしています。

私自身もそうですが、担当医との信頼があまり無いこと、方針計画が、はっきりしていないことがあり、セカンドオピニオンを希望したわけです。

何をどうしていいのか、迷っているときに、彼女の友達からの一本の電話が入り、手術後いろいろと、相談に乗ってもらい今回この様な、結論に達したわけです。

本当に、気を掛けてくれて感謝しか今はありません。

遠くの親戚より、近くの他人まさしくその通りです。

先日も、某大学病院も、(友達の推薦)一緒に来てくれたり、昨日の通院も付き添い、担当医との話も率直に聞くなど、感謝です。

とにかく、一刻の余裕が無いことは、確かです。某大学病院は、あさっていく予定です。

早く、入院できるように願っています。

最近は、2ヶ月の間、抗がん剤をしていないせいか、髪が少しではありますが、芽生えてきています。

早く言えば、一から仕切りなおしってとこでしょうか?

今は、後悔する事の無いように、最善を尽くしてやりたいと思っています。

今も、仕事の仲間からたくさんの励ましと、サプリメントを頂いております。

皆さんに、感謝・感謝です。

必ず、元気にしてあげたいと思っています。

みなさんも、応援してあげてください!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »